TOP INFO PROFILE PHOTO DIARY LINK

  

舞台 城山羊の会「メガネ夫妻のイスタンブール旅行記」 6 years ago
あと2回は観に行く!と決めた舞台「メガネ夫妻のイスタンブール旅行記」。舞台が始まるときの暗転から、もうとにかく空気が絶妙なんです。またまた山内ケンジが満載な、新しい世界を観させてもらいました。山内さんの舞台は、ずっと見ていたい、終わってほしくない、そんな気持ちになります。どうしてかと言うとシンプルに・・・面白いから。その一言につきる。心地いいんです、品があって。高質。
私が出演した「微笑の壁」にはなかった要素がたくさん。役者としては、羨ましいと感じずにはいられない、素晴らしい作品です。

こまばアゴラ劇場で5月31日まで。http://shiroyaginokai.com/
  •  
舞台『わが星』 6 years ago
見事!!としか言いようのない、素晴らしい作品でした。
脚本、演出の完成度、役者のスキルの高さ。。感動で言葉がでなかった。

三重、名古屋、北九州、伊丹、いわき、でも公演するようですから、お近くの方は是非!必見。


第54回岸田國士戯曲賞、受賞作品『わが星』
http://www.wagahoshi.com/schedule/
  •  
彼に会いに。 6 years ago
先日、小田原城に桜を見に行きました。桜というのは口実で、彼に会いに行ったのです。
彼は親友の息子、いっくん。1歳。
もうしつこいよ、って自覚するほど「かわいい」しか言ってなかったワタシ・・・
子ども連れだと、通りすがりの知らない人からよく話しかけられるんだなぁって思いました。
いっくんを通して、知らない人と「こんにちわ」や「ありがとう」を交わして心温まりました。
子どもの力ってすごいです。












  •  
twitter始めました。 6 years ago
higashikanakoをフォローしましょう
  •  
ルーツ 6 years ago
ここが世界の中心で、すごく大きな何かがここにはある。そう信じていた、というか当たり前すぎてそんなことさえも考えていなかった、子ども時代。

あれから約25年…今の自分はどうなんだろう・・。
セカイは広がったのだろうか。日常の当たり前なことが如何に感謝するべきことかを、考えられていただろうか。
自分の思い通りに生活できる日常は、当たり前になっていたし、
”広がった”と錯覚していたセカイは、きっと自分の体より広がることはないのではないか。
ルーツを辿ると、自分の小ささを、無力さを、初心を、再認識させられる。
故郷とは、特別なもの。
震災によって、それぞれの想いがたくさん詰まった大切な故郷を、一瞬にして奪われた方が大勢いらっしゃる。言葉がみつからない。

自分には何ができるのか。自分ができることは何か。


 

















  •  
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43