TOP INFO PROFILE PHOTO DIARY LINK

  

本『愛するということ』 6 years ago
2011021517190000.jpg

男女問わず乙女なみなさま、昨日はバレンタインデーでさらに雪の演出もあり、ロマンチックな夜だったのではないでしょうか?
わたしはというと…そんな素敵な夜に、寒さに負けず徹夜で外ロケでした。雪降る夜の東京、きれいでした。
さてさて私、実は大学では心理学を専攻していたのですが、その時に授業で出会った『愛するということ』という本をご紹介します。
この本、『愛』について一言では語れないのと同じくらい、内容は濃く深く難解です。解らないところもたくさんあります。過去に何度もくじけた本ですが、ずっと気になっていて…。
恋愛がどうしてうまくいかないのか?真実の愛って何?と悩む人にはもちろんオススメだけど、子育てに悩む人、これから母親父親になるような人にもオススメです。というか、どんな状況の人にも読んでほしい。もしいつか自分に子どもができたときには、子どもにも読んでほしい。そんな本です。
20歳の私には理解出来なかった所も、今の私は頷きながら読んでいたりします。少しは成長したのかな。

  •  
充実日。 6 years ago
2011020917240000.jpg

城山羊の会で共演させていただいた吹越満さんの主演映画『冷たい熱帯魚』を観ました。http://www.coldfish.jp/index.html
あんなにドキドキさせる映画は久しぶりでした。劇場内のお客さんは、まさに息を飲んでいた。園子温監督の作品はほとんど観ていますが、これもまた「凄い」のです。わたしは、黒沢あすかさんが特に印象的でした。
また、過去の事件を元にした作品だそうです。。。(埼玉愛犬家連続殺人事件http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%BC%E7%8E%89%E6%84%9B%E7%8A%AC%E5%AE%B6%E9%80%A3%E7%B6%9A%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


そして今日は五反田団の『俺のお尻から優しい音楽』を観ることが出来ました。前田司郎さんの世界で、かなり和みました。何故だかホッコリ気分です。
刺激的で充実した1日を過ごしましたとさ。

  •  
2011年1月31日 6 years ago
親知らずを抜いた…

上の歯はいつ抜かれたのか分からないくらい一瞬で終わったのに対し、下の歯がかなり大変だった。。。先生は「ごめんね、もうちょっとだからね」と言いながら360度いろんな方向から格闘していました。麻酔で痛みはなくても、あんまり時間がかかるので気が遠くなってきて、頭の中でジブリ映画を思い浮かべて現実逃避してしまいました。
『千と千尋の…』で千が顔なしと電車に乗ってるシーンとか。
このままずっと抜けなかったらどうしよう…って不安で仕方なかったけど、無事に終わりました。
先生たちに、後ろ姿が弱ってるよ大丈夫?と苦笑されてしまいました。
骨の一部を取り出したわけですからね、弱りますよね。
このショックを和らげてくれるものはないものかと思って「セックスアンドザシティ2」と「ジュノ」を借りました。あと今日は大好きな「5時に夢中」もやっているのでね。
  •  
2011年1月30日 6 years ago
東京では雪が降っています。
最近は舞台「国民傘」や「投げられやすい石」を観劇したり、映画「GANTZ」を観に行ったり。
どれもいい刺激になりました。「GANTZ」オープニングから物語に引き込まれ、とてもおもしろかった。個人的には戦闘シーンが間延びしているように感じたけど・・・・。続編が楽しみです。
原作のマンガをこれから読むところ。
  •  
おうちより。 6 years ago
公演も終わり、また日常に戻りました。…が、寒くてぜんぜん外出する気になれないのです。
しばらくおうちでゆっくりする時間がなかったので、好きなものに囲まれてリラックスする時間を取っています。年末できなかった大掃除もしました。
写真は最近お気に入りのルームウェア。もこもこ靴下、だいすき。「リアン センチュール」はランジェリーも素敵です。色使いが大人。
 
リアン センチュールhttp://www.lien-senteur.com/index.html




  •  
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42